2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

重大な問題

身体的な機能に関わる悩みというものは、なかなか他人には話しづらいものです。
特に男性機能に関連したトラブルやコンプレックスなどは、家族や友人、同僚などにも相談する事が出来ず、困り果てている人々もいます。
どうしても遅漏や早漏といったコンプレックスは、他人や家族にはカミングアウトしにくい部分があり、知識や対策案を得づらいという問題点があります。
遅漏もまた早漏と同じく、男性が抱える性的なコンプレックスの一種ですが、射精が遅いという事は、あまり大きな悩みにはならない事が多いようで、自分自身の遅漏について、思い悩む人々は少ないと考えられています。
しかしその一方で早漏は深刻な悩みであり、実際に射精が早過ぎる事を大きな劣等感に感じる男性は珍しくありません。
その原因として、どうしても射精感をコントロールする事が出来ず、思い通りにならない点があり、上手く性行為を進められないという、重大なデメリットがあるからでしょう。
性行為の真っ最中に、意図せぬ射精が起きてしまえば、カップル間のムードは最悪なものになってしまいます。
彼女や奥様からブーイングが起きる事は必然でしょう。
男性自身の手でコントロール出来れば良いのですが、なかなか性的な部分の制御は本人にも難しい事があり、自分の好きなタイミングで、行為を終えられないケースも珍しくありません。
また早漏の男性は、性行為の際だけではなく、自慰の際にもストレスを抱えてしまう事があります。
本来は癒しの時間であるはずの自慰の際もまた、射精の間隔やタイミングがコントロール出来ず、満足感を得られない人々がいます。
射精に失敗する原因として考えられるのが経験の不足だと言われていますが、なかには経験数にかかわらず、早漏の悩みを抱える男性も存在います。
身体や男性器が敏感な男性は、上手く射精のタイミングを図るのが困難、という指摘もあります。
感受性が豊かな男性もまた、刺激を上手く制御出来ず、射精の気持ちを我慢するのが難しい場合があります。
あまりにも射精の間隔が早いと、女性を満足させる事が出来ず、カップル間の間に大きな亀裂が入ってしまうでしょう。
夫婦の営みが失敗続きだと、自然とセックレスになりやすいと言われていますし、どうしても二人がお互いを遠慮してしまい、自然と不仲になってしまう恐れが高いです。
そのため男性器に関わる劣等感は、結婚前に改善した方が良い、という助言があり、メンズクリニックなどの利用を奨める声も多いです。
早漏に関する知識は下記サイトに様々な記載がありますので気になる方は確認してみてください。

早漏改善なら早漏防止マニュアル

一般的に、早漏の改善方法は医薬品による方法とトレーニングによる方法があると言われています。
医薬品は性行為前に薬を服用するだけでよいのですが、残念ながら日本では処方も販売もされていないため、個人輸入で取り寄せるしか方法はありません。
しかしトレーニングであれば、自宅でいつでもできるので積極的に行うようにしましょう。
方法は簡単です。普通にマスターベーションを行い、射精しそうになったら我慢をする、我慢しきれなそうであればギュッと強く握ってでも我慢するという方法です。要するに我慢をする練習です。これを一日に何度も繰り返すのみです。
最近は無料動画サイトが沢山あり、わざわざDVDをレンタルする必要もなくなりました。
素人系の動画や熟女系の動画からレズやゲイの動画までとジャンルも幅広くなっています。
これらを有効に活用し、トレーニングを続けるようにしましょう。